3月17日 ラストスキーと未だ遠い解禁日


   シーズン最後のスキーはやっぱし田沢湖スキー場、近くのスキー場はもう雪が消えクローズ。
 田沢湖スキー場も圧雪されたコースは80cmとHPには記されているがコースによっては地面が
 見えている箇所もあったがまだまだ楽しむには十分の雪厚。
 快適なシーハイルには雪面が融雪状態でもある為にそれに合ったワックスが必要
 正午近くには気温上昇で山全体がガスがかかった様になり田沢湖も見えなくなってしまった。

 

  田沢湖がガスで見えなくなった

 

  最終リフト頂上からは コブコースとスラロームコースに分かれる。のんびりコースは
  スラロームコースで下がるが斜面は急斜面で今日も競技コースと思われる回転コースの
  ポールがセットされていた。

 

 

  スキーの後は温泉コース。除雪はされているがグシャグシャの道を 秘湯、鶴の湯温泉 迄下がる
  今どきは観光客も少ないようだ 空いている白濁湯に浸りゆっくりする。

 

 

  帰りに、白鳥の北帰行途中立ち寄りと、芽を出したばっかりの水芭蕉に逢う

 


   解禁、遊漁期間の変更(秋田県内水面漁協連合)

  今シーズンの共通遊漁証も届きました。
  今季から解禁が 4月1日に変更で 遊漁証の有効期間も 自H28.4.1.至H28.9.20.
  と明記されています。
  サクラマスの遊漁期間との関連かなと思われるのだが詳細については分かりません。
  3月中の山釣り、岩魚釣りは残雪の渓を遡行するだけの渓遊びで水温も低く岩魚と遊べる
  チャンスは少ない、でも解禁は待ちどうしいものなんだな、禁漁から6ヶ月待っての解禁。
  釣れなくとも竿を持って渓を歩きたいんだな。




   2016山釣り釣行記もくじ にもどる