山釣りは足釣りだ 舘の歴史


  1994年(平成6年) 股下バカナガで我が山釣りがスタートしました。
  海釣りから山釣りにはまり込んでその必要用品、釣り道具、仕掛け、入り込む沢と
  今まで使ってた仕掛けから海釣り用品はまったく役立たず。
  一番の釣り道具は足だと 竿よりも仕掛け針よりも慎重に選択しなければならない
  なと最初のシーズンに気が付かせられた。
  バカナガも自分の足、歩き、渓相に合うのを探すか、履き慣らす なかなか履きや
  すいのを探すのも容易でない

       1994 この股下バカナガでスタート       2足目のバカナガ
                 

  この程度の平瀬だったらバカナガの方が歩きやすい
  

  徐々に渓を上り詰めるてくるとその渓の変化をクリヤーし上りたい所まで、行きたい所
  まで行くとしたらやっぱりウエストハイでないと深い瀬、落込みを上ることができない

    1998 腰上バカナガ  ウエストハイウエーダーに履き替える
         販売サイズが S M L と非常に大雑把 左がLサイズ 右がMサイズ
         Lは足も股もぶかぶか Mは足はちょうど良いがその上がビッシリで膝、
         腰を曲げるにも窮屈 この後も釣具店で合わせてみるがスッキリ丁度
         良い履き心地の好いのにはなかなか見つからない

               Lサイズ                  Mサイズ
                
   フェルトソールは何度も張り替えた 2~3シーズンで擦り減ってしまう シーズン
   途中で張り替えたこともあった

   解禁から4月、5月、6月に岩魚域に入り込むには必須用品 かんじき 、
   シュノーシュー
    

    

  渓をどんどん登るとウエーダーではやっぱり無理だ、5時間から6時間も登ったり、
  下ったりと遊びでも疲労こんぱい のんびり遊ぶにはウエーテングシューズに
  ソックスウエーダーだ

       2009シーズンから ウエーテングシューズを履く         
  
 ウエーダーからの履き替えだった
 からもの凄く快適に思えた
 薮漕ぎから仙道歩き、渓への
 急下降、最初からこのシューズを
 履けばよかったのに
 
 6シーズン 109回の釣行に着用 
 フエルトソールの張替無で
 6シーズン遡行できた、これは
 驚きでした





    ストッキングウエーダーは途中でウエストウエーダータイプに履き替え

           

 


2014シーズン迄
6シーズン フル稼働する
ともう限界充分働いて
くれました



靴底の剝がれが酷く
修理は無理のようです








       2015年春から2足目のシューズ

 
 ライトウエートシューズ 前のシュウズよりは
 軽そう、と言うより本体も軽いが水捌けが
 良さそうだ、きっと歩きやすいだろう
 2015シーズンはより楽しめそう


 





           トップページ にもどる