山釣りの足、Jimny ジムニー
               釣り道具のjimny

       渓の足、林道の足、乗り心地の悪い車、うるさい車、
       快適ではない車、片道50kmまで、林道から廃林道へ
       海へは行くな(すぐサビル)。
       これが、山用オフローダーとしてのJimnyだ、
       道具としてのJimnyだ、
       釣り道具としてのJimnyだ、
       長距離遠征釣行は無理だよ、
       今の新型は違うのかな、いや 今のままでいいよ。

       そうゆうJimnyが我家に来たのは息子が大学に入り
       免許を取った翌年平成5年5月にその足としてやってきた。
       初度検査年1987年(昭和62年)製の中古車

       

       しかし、土、日の週末にはもっぱら舘の主人の足として
       渓通いをしてきた、3月〜9月で20回〜25回の釣行に
       付き合ってきたことになる。
       途中でオール塗装はしたがボデーはボロボロの穴だらけ
       雨漏りはするし、床から水が入るやら、ボデーは限界、
       それでも、エンジン、足廻り、ブレーキ等はノントラブルだ、
       こうゆうところがJimnyなのだ。



       Jimnyの生い立ちにちょっとだけふれておこう。
         
         1968年  ホープ工業より
                ホープスターON360 発売
                    これがJimnyの原型です。
                その後 鈴木自動車工業で製作権を得る
         1970年  Jimny LJ10 発売
                      空冷2サイクル2気筒359cc25馬力
         1972年       LJ20 発売
                      水冷2気筒2サイクル28馬力
         1976年       SJ10 発売
                      水冷2サイクル3気筒539cc
                      26馬力/4500回転

       

         1981年       SJ30  フルモデルチェンジ
         1986年       JA71  turbo車追加
         1987年  舘の主人の1代目のJimny
         1990年       JA11  660ccエンジン化
         1995年       JA12  乗用タイプ追加
               舘の主人の2代目JimnyがこのJA12タイプです

         

         ノーマル車(上)と5cm車高アップ後(下)のjimny

         

             2002年10月にJA71より交代です。
             2003シーズン解禁からの足です。

          SUZUKI 4WD HISTORY
         
スズキが4DW開発にかけた、意気込みとこだわりの歴史



釣り道具 My Jimny のちょっとだけリフトアップ
    
    クロスカントリーをするわけでわないが、最初のJA71バン仕様
    の最低地上高が24cmで、2代目のJA12,  5ナンバー仕様の
    最低地上高が20cmと低い為に、4cm〜5cmのリフトアップ
    をする。
    
    1   サイズアップのタイヤでデフ下を確保            1.5cm
    2   コイルスプリングスペーサーで床下を確保       3.5cm
              計5cmのリフトを計る

  準備した部品と概算金額
    タイヤ  ヨコハマGEOLANDAR M/T 185/85R16
                        9,500×4           38,000
    コイルスプリングスペーサー フロント              15,000
                       リヤー               17,000
    ブレーキホース  リヤー 1本                   2,000
    TRIARLWINショックアブソーバー 赤ラベル ハードタイプ
          フロント 1202-2F  17,000×2           34,000
          リヤー  1202-3R  13,500×2           27,000

          部品合計                        133,000
      他に 部品組み込み、調整工賃 別途



My Jimny 修理記録(壊した記録)
       2003年4月 解禁からシーズン突入したばかりなのに。
            フロントショックアブソーバー 2本ともパンク突き
           上げ。ショック取り付けガイド破損

            当初のリフトアップ時のショックはノーマルショックそ
            のままでした。
            リフトアップに耐えられなかったのか、崩落林道走行
            に絶えられなかったのか。
            フロント2本ともスカスカ状態で上部取り付けガイドも
            破損。
            フロント、リヤー とも赤ラベル ハードタイプに交換。
            取り付けガイドは頑丈に溶接補強す。

       2004年4月 またまた、シーズンこれからと言うときに
               クラッチがスベリだす。
            クラッチデスク 磨耗焼付け寸前状態。
            クラッチカバー 
            レリーズベアリング
            ミッションマウントラバー
                4点交換
            雪の林道走行でGEOLANDARとエンジンPS
            よりクラッチが弱かったのか、それともちょっと
            乱暴運転だったのか。
            昨シーズンに1回、今シーズン1回、クラッチから
            煙を出しているからな、無理もないか。

       2006年7月 ベストシーズンなのに不具合発生
               右フリーハブよりオイルが滲み出している、
               たぶんオイルシールの劣化だろう、大事になる前に
               修理しようと入院です。
               交換部品   フロントシャフトシール     
                        ナックルオイルシール    
                         パッドセット           
                        リテーナーオイルシール  
                        キングピンベアリング     
                        右フリーハブOリング     

                (今回は ヰセキ自動車修理工場 で修理する)

       2008年2月 昨シーズン途中に運転席下あたりでブスブスと排気漏れ、走るのに支障が
                なかったので今修理したしだい。
                触媒のパンクでした。
                Tract さん に中古部品を探してもらい交換
                
                交換部品   触媒エキゾーストパイプ

        2010年6月 左足故障で今シーズン稼動せず、バッテリー完全に上がり、比重もナシ
                交換する  6,000円

        2010年9月 後部ドアー取り付けヒッジ 上部ピン切れ  中古部品で交換す(上下)
               
        2011年6月 タイヤ交換 林道のみ走行で一般道の走行実績なし
                ヨコハマGEOLANDAR M/T 185/85R16がガレキの廃林道走行
                20,000kmでスリップサインが出てしまった。
                TOYO RADIAL TRANPATH M/T 195R16C 104/102Q 6PR に履き替える

        2014年9月 バテリー交換 3月〜9月岩魚シーズンのみ稼働でも月に3〜4日 今月は
                4週間エンジン始動なしそれでアガッタのかな ユアサ46B24R 12,000円

        2014年11月 車検  岩魚の舘の足として6回目の車検です
                     初度検査年   平成7年 1995年 この年に この JA12がメーカー
                               発表ですので 生産19年
                     舘に来てから  12年です   走行メーター 64800Km
                               舘に来てからの走行Kmは 年 2000Kmのシーズン走行のみ
                               外観は相当痛めてますが
                               エンジン、動力系統調子よし 5cmUP足回り異常なし
                     まだまだ 舘の足として活躍してくれそうです

        2016年12月 8日 車検  舘に来て7回目の車検です
                     初度検査年から23年間走りこんできた、メーカー発表年1995年からです。
                     舘に来てから14年、好く走ってくれています。
                        エンジン、足回り異常なし、さすがジムニー
                     走行メーター 72871Km  今回の2年間はダム上が通行止めで回り込んでの
                     入渓で走りこんだのか、2年で8000Kmだ、通常は1シーズン2000Kmなんです、
                     倍の走行Kmだな。
                     冬タイヤを今回交換す。
                         車検も普段のメンテナンスもTract さんにお任せです



   代表的な部品メーカー

            off road service
           TANIGUCHI    www.ors-taniguchi.co.jp

           APIO株式会社     www.apio.jp/index2.html



   リフトアップと修理を依頼しているショップです

        tire & carshop
         
Tract 秋田県アイスホッケー連盟HP。トラクトのブログがルンクしています
          
タイヤ屋が本業で四駆屋アイスホッケーの三足のワラジを履いている
                      石綿 丈太   п@018-883-0881
                             携帯  090-8922-6766
                     秋田市泉北1丁目5-9


                      トップページ へもどる