滝のある風景

太平山、白子森を源にする水系には数えきれないほどの滝がある。二万五千の地形図にはもちろん記載されていないし、名前もない滝達である。
そこには、手すりの付いた遊歩道も観光道路も無い。廃林道を登り、壁をツタに掴まりながら下がり、舞茸道を踏み外さないように斜面にへばりつきながら渓に降り立つ。シャワークライミングなんて言うカッコのいい沢登りと違い、ヘルメットもカナビラもロープも無しでバカナガとグローブだけの遡行。滝に辿り着くとノンビリ休憩。そこで滝壷の主にお目にかかれたら最高です。シーズンに歩いている一部の滝を紹介いたしま
す。


 
初秋の三内川 大滝


滝の主に逢う

 
滝を高巻いてからが本番




のんびり遡行できるちょっとデッカイ落込み デカに逢えるんです




画像をクリックして Back   滝トップ   Next  で進んでください
Back    滝トップ   Next



3連滝のF2 左右2列の滝 静寂カワセミの滝 尺岩魚の滝









仙道で巻く滝 大岩魚の滝 ぐるっと高巻滝 未登2連滝







熊臭い滝 魚を止めない滝 コーヒータイム 撤退滝









右巻きの滝 魚止の滝 桃源郷への滝 奥が深い








倒木滝 3連のF3 やっぱり魚止滝 枯れ2条滝

 トップページにもどる